次ページ <4> <2> <1>       
金剛輪寺と近江八幡  古都奈良・飛鳥  加賀百万石兼六園  加賀百万石茶屋街 北陸金沢 
祖父江/なばなの里   韓国・安東  韓国・慶州 韓国・釜山 初夏の清里野辺山 


 〜金剛輪寺と近江八幡〜

平成24年11月26日

今日は覚悟の悪天候です。天気予報も雨の確率80%
雨のやみ間も期待できませんが楽しく行ってきました。
行先は湖東三山の一つ「金剛輪寺」と「近江八幡」です。

天台宗金剛輪寺は湖東三山の真ん中です。花の寺とも
言われさつき、石楠花、紫陽花、そして秋には血染めの
紅葉が本堂脇を真っ赤に染めていますが今日の天気は

金剛輪寺の見どころ
国宝 本堂、重文 三重塔、重文 二天文、名勝庭園
血染めの紅葉、千体地蔵、などなど 恨めしい雨 雨、


                               雨の大悲閣 本堂

                                 雨の千体地蔵

                                雨の紅葉落ち葉

                                  雨の近江八幡


ページのtopへ



 


 〜古都奈良・飛鳥〜

平成24年7月9日

奈良公園〜平城京跡〜飛鳥歴史公園を巡る研修の旅
一時期は雨にたたられていたころもありましたが最近は
皆さんの心がけ・行いが良いのか天気に恵まれています。

大極殿の大きさ公園の広さに圧倒されましたが気温の高さ
にも圧倒され熱中症寸前でした。広さ大きさがパノラマ
写真からお分かり頂けましたら幸いです。

写真4枚をWindows Live フォトギャラリーにて合成しました。
以前はパノラマxxxxソフトで色合わせに苦労をしましたが
以下の4枚の合成です。これならボタン一発で完成します。

パノラマ写真はこちらから

こちらから








パノラマスクロール作成ソフトは右記より http://jalk.sakura.ne.jp/photo_tools/wn_pano/index.html

ページのtopへ



 


 〜初春の北陸路を訪ねて〜

平成24年3月27日

素晴らしい天気に恵まれた二日目は加賀百万石めぐり
見どころは2ヶ所まずはひがし茶屋街

ひがし茶屋街の名称で知られる。 保存地区内の建築物140のうち
約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に
建築された茶屋様式の町家が多く残る


「茶屋街」で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている

ひがし茶屋街の

季節ごとに様々な表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は
冬の風物詩として情緒を添える。霞ヶ池を渡る石橋を琴に見立てて徽軫(ことじ)
をなぞらえた徽軫灯籠(ことじとうろう)は、兼六園を代表する景観となっている。



松の巨木 根上がり松

兼六園の  ページのtopへ



 


初春の北陸路を訪ねて〜 

平成24年3月26日

天気予報は”雪まじり”76名の参加者2台のバスに分乗
76名参加で出発 天気の予想は外れ雪は無く好天に恵まれた。

今日のメインは北陸の古刹「那谷寺」です。この寺は717年に開創されました。
西国三十三ヵ所第一番紀伊の那智山と、第三十三番谷汲山の各ひと文字を
とって那谷寺と改名されました。庫裡書院 三重塔など多数の重要文化財に
指定されています。他に奇岩遊仙境 苔むした参道を歩けば静かな早春を感じます。

安田かまぼこ道場でかまぼこ造りの体験

北陸の古刹那谷寺へ

苔むした那谷寺の参道

金箔の箔一で

 へリンクしています  ページのtopへ



 


なばなの里 と祖父江黄葉

平成23年11月21日

祖父江町のいちょうの黄葉

祖父江は日本一のぎんなんの産地です。この季節になると
町が黄色の葉に覆われ見事な黄葉の町に変わります。
ところが温暖化の影響かこの時期になっても青々としています
ぎんなん売りのおばさんも高温つづきと先日の多雨で土地の
肥しが効いてしまい黄葉が遅れ遅れになっているとの事です。

黄葉してないなら⇒黄葉にしてしまえ
 

なばなの里イルミネーション

メインの水上イルミネーションは国内最大規模です
幅5m、長さ120mの光の川は木曽三川(木曽・揖斐・長良川)を表現しています。


今年は一本の木から季節によって千変万化する風景を、大自然を舞台に、
最新LED技術と特殊イルミネーション効果で日本の美しい四季を演出します。


2006年に初登場した光りのトンネルは120万球200mの長さです。
電球使用のため暖かさを感じさせます。


今年お目見えした宝石箱ですLED電球70万球を使用して、
100mの長さ幻想的に色変わりする光のトンネルです。


鏡池に映る逆さもみじ 今日は風もなく絶好な条件でしたが
写真の方はいまいちでした。


 リンクしてます   ページのtopへ



 


海外研修旅行
釜山・慶州・安東4日間の旅
<3> 

平成23年9月28日

8:00出発2時間半の移動で安東へ
1999年英国のエリザベス女王が初訪韓したさい女王は鳳停寺を訪問した。
鳳停寺の芳名録に「静かな山寺、鳳停寺で韓国の春を迎える」と
書きこんだとされる。
極楽殿(国宝第15号)は韓国に残る木造建物の中で最も古く


韓国で一番歴史的価値が高いといわれている民俗村は、安東の河回村です。
朝鮮時代に作られた集落がそのままの姿で残り、今も子孫の方々が生活しています。

河回村の仮面劇はこちら

  ページのtopへ
 


海外研修旅行
釜山・慶州・安東4日間の旅<2>

平成23年9月27日

8:00出発釜山から慶州へ
石窟庵(ソックラム)と次に行く仏国寺がペアで1995年世界遺産に
登録された。 新羅の人々が描いていた
仏の国を現実の世界に再現した寺院です。円形の主室の中央に高さ350cmの
石窟庵の仏像があります。



仏国寺。青雲橋・白雲橋は大雄殿正面の紫霞門に掛かる石橋で
751年の時から存在している遺構です。
大雄殿には釈迦三尊仏(釈迦牟尼、文殊菩薩像、普賢菩薩)が安置されている。


その後慶州博物館・大陵苑・離宮鴈鴨池をめぐり
三日目の予定を終了した。
    

  ページのtopへ



 


 海外研修旅行
釜山・慶州・安東4日間の旅<1>


平成23年9月26日

12:30犬山を出発中部国際空港へ
15:25KE754便にて空路釜山へ出発搭乗時間わずか80分
日本から北海道よりも近い近い外国です。

”アンニョンハセヨ”

釜山は400万人を超す人口を持つ大都市です。韓半島の
東南端に位置している天恵の良港ある
釜山港を母体にして発達した韓国第一の港湾都市であり、
東南の経済圏の中心都市です。

釜山タワーは1973年に設立された、釜山のシンボルです。
地上120mの高さから眺める景色は絶景で、
南は釜山港、東にはロッテホテル、北は民主公園、西には影島と
東西南北の釜山の夜景がきれいでした。





  ページのtopへ



 


 初夏の清里&野辺山
平成23年7月4日

一年ぶりにi-netの研修旅行に参加する。
入梅のさなか雨は覚悟の上、天気予報も思わしくない
雨具の用意もしっかりと。

当日朝くもりですが雨は降っていない。やや遅れたが7:30出発
中央道走行中にところどころで雨です。
国立天文台へ到着雨の心配は無い直径45m重さ700tのアンテナの
大きさに驚き。標高1350mの野辺山高原は
山に囲まれ雪は少なく宇宙電波、太陽電波の観測に最適な場所である。

   

清里清泉寮では富士山はかすかに望めましたが写真に収める事は
出来ず残念でも山なみのグラデーションはなんとか
評判のソフトクリームには長蛇の列
相変わらずの人気
最高地点にあるJR野辺山駅を車窓から
愉快な仲間とわいわいガヤガヤ楽しい一日を過ごした来た。
   ページのtopへ



次ページ <4> <2> <1>