次ページへ  <3> <2> <1>

〜半田・常滑〜

平成28年9月26日


楽しみにしていた研修旅行が再開されました。

バス4台で半田の赤レンガ建築物で明治31年

カブトビールの工場として建てられた工場です。

矢勝川堤の300万本の彼岸花を見て常滑へ

常滑やきもの散歩みちAコースを歩きりんくうタウン

まるは食堂にてジャンボえびフライ定食を食し、めんたい

パークの工場見学をして帰途に着く、わいわいがやがや

楽しい1日を過ごしてきました。

はこちらから






ページのtopへ戻る



I-net研修旅行

平成28年8月1日

現在のところこの旅行は中断しています

再開される日を楽しみにしています。



ページのtopへ戻る


 〜雨の上高地〜

平成26年7月7日

今年の空梅雨7月の上高地研修も大丈夫と思っていたが

不安が的中当日の朝上高地に大雨注意報が発令された。

6時30分バス5台に分乗して犬山を出発した。進むにつれ

雨とガス山はかすみ撮影には最悪の条件ですが車中では

気心の知れた仲間どうし会話がはずみ時間通り上高地に

到着。雨着に傘カメラ用カッパを取り付けて

!GO!GO!GO!


 はこちら

大正池の立木も訪れるたびに数が減少している。


白樺を見ると高原地帯にいるんだ。


ニッコウキスゲに雨のしずくがいっぱい。


清流の梓川が本日は濁流。


上高地のランドマーク”河童橋”


ページのtopへ戻る


 

〜ラグーナ蒲郡〜 

平成25年12月2日

今年最後のi-net研修旅行はラグーナの撮影会です。

バス4台で大撮影会となりました。

三脚持参したが横着ごころから使用しなかったため

見るも無残な作品ばかり後の後悔先に立たずとは

この事なり 反省 猛省・・・・・・・・・

はこちら








ページのtopへ戻る


 

 〜微笑みの国 タイ3〜

平成25年10月3日〜10月6日

平成25年10月4日

付録・・・・オ・マ・ケの部

Mambo Cabaret Show
ニューハーフのきれいなお姉さま?????達のショーです
ショーは日本・アメリカ・中国・目を楽しませてくれました。

(マンボキャバレーショー)   こちらです






ページのtopへ戻る


 

 〜微笑みの国 タイ 2〜

平成25年10月3日〜10月6日

平成25年10月5日〜6日

チャオプラヤ川クルーズ3時間かけて昼食をとりながら
アユタヤ遺跡群を観光。
アユタヤにある王朝の遺跡、周辺の遺跡群とともに
世界遺産に登録されています。        

園内では個性豊かなヨーロッパやアジア風の建築物があります。

(バンパイン宮殿)   こちらです


ワット・ローカヤ・スターの涅槃仏


ワット・ワハー・タート仏陀像の頭に菩提樹の根が


ワット・プラシーサンペット


ツアーの締めくくりは象のり体験


10月6日00:05バンコク発〜8:00セントレア無事帰国

ページのtopへ戻る


 

微笑みの国 タイ 1〜

平成25年10月3日〜10月6日

平成25年10月3日〜4日

42名で微笑みの国タイへ
タイ国際航空647便で17:25セントレアを出航
21:25バンコク到着お迎えの車でホテルへ。

平成25年10月4日

終日バンコク市内観光とショッピングです。
エメラルド寺院〜王宮〜ワットポーの観光を済ませる。
チャオプラヤ川を渡船で対岸へ渡り、暁の寺ワット・アルンへ
王宮は国王の公的居住地で最も重要な宮殿です。

(タイ王宮)     こちらです


王宮と隣接したエメラルド寺院の本堂にはエメラルド仏像が安置されていた。
(エメラルド寺院)


涅槃仏は全長46メートル、高さ15メートルの涅槃仏が有名で涅槃寺とも呼ばれる。
(ワット・ポー)


暁の寺はチャオプラヤ川沿いにありバンコクを代表する風景です。
(暁の寺ワット・アルン)


ページのtopへ戻る

 

 さわやか乗鞍高原の風

平成25年7月22日

早とちりでした、今日の今日まで行き先を勘違いしてました。
乗鞍岳と乗鞍高原。ガイドの今日のスケジュールとコース

案内を聞いてやっと気が着きました。中央道経由と聞いてそうか!!

乗鞍岳の前日net閲覧では天気は晴れ 霧 雨 気温14℃雨具とアノラックを

”ジェジェジェ

ともあれ250名バス5台で中央道松本経由で乗鞍高原へ
早朝出発であったので車中にて早めの昼食を済ませてさあ撮るぞ

しかし時間が少ない自由時間が2時間です、勉強不足で撮影ポイントが
解りませんでした。顔見知りの仲間と楽しい一日を過ごすことが出来ました。

感謝







 ページのtopへ戻る



 
                           次ページへ  <3> <2> <1>