犬山物語へ戻る



           画像はHPへAibumは写真集へそれぞれリンクしています            
  国宝茶室如庵 織田信長の実弟の織田有楽斉が建てた茶室です。
昭和47年にこの地に移築され”有楽苑”と名付けられました。如庵(国宝)
旧正伝院書院(重要文化財)など庭園内には20か所を超す見どころがあります 


  木曽川うかい 日本最古と言われる木曽川うかいは、340余年の
伝統を誇ります。夜空に浮かび上がる犬山城を背景に篝火で川面を赤く
染め鵜匠の手さばきを間近に見られます。


  文化資料館  国指定無形民俗文化財犬山祭に使われる車山や、市内の文化財、
文化遺産を展示している。展示されている山車には365個の提灯をつけた
夜山車もあります。
 
  からくり資料館 犬山祭の車山に備える10数体のからくり人形などを展示
特設工房では、九代玉屋庄兵衛による、からくり細工の実演公開。
からくり展示館は犬山市文化史料館の別館です。
 
  どんでん館 犬山祭りに使う車山4両を常時展示し、城下の町屋に伝わる
文化が紹介されています

 
  旧磯部邸 江戸時代から「柏屋」の屋号で呉服商を営んでいた商家で戦後は
お茶販売店を営んでいた。建物は幕末から明治初年にかけて建築され
平成17年に国の登録有形文化財に登録されています。
 
  旧堀部邸 明治の初めに建てられた。取り壊しの話が出て犬山市が買取り
イベントなどに利用されている。

 
  岩田洗心館 所蔵品は、書・画・陶磁器類・茶道具・漆器など1800点余りを
展示されています。、昭和45年11月26日に岩田洗心館を開館した。
平成23年4月1日現在地に移転新規オープンしました。
  里山学  センターは、展示、体験を通して里山に触れ、
人と自然の関係を見直す場です。森が里山にとってどれだけ大切か、
里山が人々にとってどれだけ大切な存在であるかを知るところです。
 
  羽黒城と磨墨公園 羽黒城は梶原景親によって築城された。
梶原家は織田信長に仕えたが本能寺の変で信長に殉じ梶原家は絶えた。
磨墨公園は源頼朝から梶原景時に与えられた名馬です。 
 
  お菓子の城 菓子メーカーの竹田製菓が運営しています。
館内入り口では14.8メートルのシュガーケーキがお出迎えします。
ケーキ、ビスケットなどの体験が出来ます 
 
  博物館明治村 昭和40年3月18日に開村しました。国内から海外からも移築され
現在は67件あり国の重要文化財10件と愛知県の有形文化財に建造物1件があります。
春は桜秋には紅葉四季折々美しい自然に触れ合うことができます。
 

  リトルワールド 野外民族博物館で世界旅行が出来ます。
世界各地から集めた4万点の民族資料と22カ国、33施設の野外展示家屋を有し、
生きた博物館として、世界の生活や文化に手軽に触れ、学ぶ事が出来ます。 

 
  日本モンキーパーク  平成24年4月1日より遊園地がパーク動物園がセンターになる
各種アトラクションが設置され四季を通して子供たちを楽しませています。岡本太郎制作の
”若い太陽の塔”も修復されました。展望台からは濃尾平野が一望できます。
  日本モンキーセンター  平成24年4月1日からパークと分離してセンターに名前を変えた。
世界でも珍しい猿だけの動物園で飼育されている70種類950頭います。冬には猿が焚き火
を囲み焼き芋をほおばる姿はTV等で取り上げられています。
  羽黒中央公園  多目的スポーツ広場で愛称を”ハグスポ”と呼んでいます。サッカー・
グランドゴルフ・イベントなどに利用できる9.600uの人工芝のグラウンドです。
愛知県犬山市大字羽黒竹ノ腰17-2

グランドのパノラマ写真です

城下町 平成21年3月本町通りの電線地中化が実現して町の景観が一変しました。
江戸時代の城下町の外周を堀で囲い込んだ城郭構造と町割りをそのまま残しています。


   犬山花火 日本ライン夏まつり 納涼花火大会は毎年8月10日犬山市と各務原市共催で
木曽川河畔にて開催されます。8/1〜8/9まで連日ロングラン花火。8月10日は約三千発の
花火が犬山城を背景に木曽川を彩ります。犬山と木曽川の夏の風物詩です。

犬山の桜 桜の名所 ・国宝犬山城を背景にお花見ができます ・木曽川遊歩道お花見を
しながらウォーキング ・城見歩道は郷瀬川ぞいに咲き競います。
 

   栗栖花菖蒲園 1万2千株、44種の多種多様な花菖蒲が咲く栗栖の
花菖蒲園は、地元の市民グループを中心に草取り作業など整備がされています。


  五条川の桜  五条川は、岐阜県多治見市に源を発し、愛知県犬山市、
丹羽郡大口町、江南市、岩倉市を流れ、やがて新川に流れ込む、五条川堤防道路は、
春の花見をはじめ散歩、ジョギングなど多くの市民の憩いの場となっています。
 
   ヒトツバタゴ 国指定天然記念物 のヒトツバタゴ(別名なんじゃもんじゃ)の
自生地があります。ヒトツバタゴは、モクセイ科の落葉高木です5月上旬が見頃です。


         ページのtopへ戻る