犬山物語へ戻る
画像はHPへAibumは写真集へそれぞれリンクしています 
 
  犬山針綱神社 尾張五社のひとつ、安産、子授け、八方除、厄除け、長寿の
神として崇敬されています。毎年4月第一土・日曜日の当神社例祭「犬山祭」です。


  大縣神社 尾張国開拓の祖神とされている。別名姫の宮神社と 呼ばれ、
玉姫命が祀られている。ここは古来より安産・子授など、
女性の守護神として崇敬されています。初春の梅園もみごとです。

 
  三光稲荷神社 犬山城主成瀬家歴代の守護神として天下泰平、五穀豊穣、
商売繁盛、交通安全の祈願を籠め数々の神宝を寄進される。
猿田彦神社も三光稲荷の境内にあるが独立した存在です。
 
  大宮浅間神社 入鹿池、濃尾平野を見下ろす尾張の富士にあります。
背くらべ伝説による「天下の奇祭 石上げ祭」が毎年8月第一日曜日に
行われ、多くの人が力を合わせて石を運び上げ、家内安全や五穀豊穣を願う。 
  桃太郎神社 栗栖にある神社で犬山市には桃太郎伝説があります。
境内には桃太郎の像、桃型鳥居、桃くぐり、お婆さんの洗濯岩、すべり台、
悪運をたべる猿、鬼の目にも涙、やさしい鬼、等々が立ち並んでいます。
 
 
  瑞泉寺 臨済宗妙心寺派 古刹です。室町時代までさかのぼる
ようです。鐘楼は古く室町時代明応三年建立と伝えられ、三猿は
左甚五郎の作と伝えられる。山門は犬山城内田御門を移したものである。


  圓明寺 真宗大谷派 1484年創建の古刹の、一本のしだれ桜が満開です。
樹齢300年、樹高10.5m、幹周り2mの巨樹、狭い境内に空一面
に花が覆いつくされ、山門や鐘楼下からの眺めが見事です。
 

  寂光院 真言宗智山派の寺院です。この山寺は別名もみじ寺と
呼ばれています。紅葉に彩られた一の門から参道も風情あふれ
る光景です。紅葉が織りなす見事な情景と歴史ある古刹に出会えます。
 

  興禅寺 臨済宗妙心寺派 羽黒地区に建つ臨済宗妙心寺派。本堂は
平成18年に国の登録文化財に指定された。近くには名馬磨墨を葬ったと
いわれる磨墨塚も残っている。

 
  成田山大聖寺 真言宗智山派 名古屋別院大聖寺は真言宗智山派の寺院で
昭和28年開創されました。正月初詣、2月節分、11月3日の
開創記念日には、大変な人出で賑わいます。

  臨渓院 臨済宗妙心寺派 犬山城を望み木曽川を見下ろす高台に
あります。犬山城主成瀬家の墓所があり、初代正成、正虎、正親、
正幸の4基の一族の碑が城を見守るように立ち並んでいます。
  善光寺 長野県善光寺の御本尊様の御分身が、犬山善光寺の
御本尊として奉安されています。参道の両側には、楓や桜、
四季折々の風情があります。
  大泉寺 臨済宗妙心寺派 木曽川のほとり栗栖にある臨済宗妙心寺派の寺院で
あじさい寺で有名です。地元の長瀬さんご夫婦が古里のお寺に平成15年から
寄付してきたもので、4年目で目標の100種類を達成しました。 

 
  常満寺 浄土宗西山禅林寺派 建立千年以前といわれ境内には犬山城より
移築の山門があります。椿と牡丹の花の寺と言われ特に常満寺椿が有名です。

  先聖寺 禅宗黄檗宗(本山宇治の萬福寺の末寺1715年に現在の外町天神庵に
移転し、神護山先聖寺に改めた。

  西蓮寺 真宗大谷派 西蓮寺は文亀元年(1501)創建です。国登録文化財の
建築物は山門、本堂、書院、があります。
ヒノキ科ビャクシン属の常緑高木です。

  永泉寺 臨済宗妙心寺派 天文元年(1532)再建されています。
山門の前には珍しいく松にくちなしの宿り木です、駐車場には河津桜が
植樹されています。
 
  青塚古墳史跡公園 墳長は123米、後円部は直径78米・高さ12米
前方部は長さ45米・幅62米・高さ7米の前方後円墳。4世紀半ばに出来た。
平成8~12年発掘調査後公園として整備された。
 
  東之宮古墳 白山平山の山頂にある前方後円墳で前方部を西方に向けて
築かれています。昭和48年の発掘調査により出土された数々のものは
すべて国の重要文化財に指定されています。
ページのtopへ戻る